読書やゲーム、仕事や恋愛などリアルな日記を目指して書いているブログ。


by ncm7vvp3

サッカーと心臓系の病気

2011年8月2日にサッカー元日本代表の松田直樹選手が急性心筋梗塞で倒れ、そのまま意識が戻らず
他界された。34歳という若さだった。世界を見ても、案外心筋梗塞をはじめとする心臓が止まってしまう病気で20代から30代の現役選手が他界される例は後を絶たない。

奇しくもサッカーの殿下としても有名だった高円宮殿下も、スカッシュの練習中に心室細動が原因の心不全で
倒れてしまい、2002年薨去された。

サッカーと心臓系の病気の関係はまだまだよくわからないが、高円宮殿下の一件でAEDが広まりを見せたにもかかわらずまだまだそこまで浸透しているわけではなさそうだ。

それでも、防げる手立ては医療関係者に聞くとあるとのことで、とにかく水分を取ることや、休みをこまめに取ること、無理をしないことが一番と言われている。

野球で心臓系の病気で亡くなることはあまり聞かない。むしろ現役中にがんなどを患った例をよく耳にする。動くスタイルが違うので一概にスポーツ全部にあてはめられないが、いずれにしろ、プロだからと言って無理は禁物である。ドクターなど医療関係者の言うことにも耳を傾けて、無理をせず私たちに夢を与えてほしい。

◆人気のある選手でした。
マツダ選手というのはマリノスで長く続けましたので、地元では非常に愛されていた選手でした。

また2002年の日韓ワールドカップにおいては、宮本恒靖、森岡隆三と組んでフラット3を構成していました。
この3人は、今や伝説になっているのかもしれません。

というのも、この3人が輝いたのは、W杯がピークで、その後は急速に衰えていったからです。

特に森岡は、まったく脚光を浴びることがなくなりましたし、松田選手は数年後にマリノスを追い出され、さらに亡くなってしまったのですから。

また性格もサバサバとしすぎている性格だったようで、私のレッズファンの友達は、彼のことが好きではありませんでした。
マリノスとレッズですから、やはり強いチームの相手選手で、しかも色々な挑発をしてくるプレイヤーは好きにはなれなかったみたいです。
[PR]
# by ncm7vvp3 | 2011-10-08 00:03 | 日記
普段から私は休憩時間には、コーヒーよりもお茶派です。
突然何を言っているのかという感じですが、今はまっているお茶があるのです。

綾鷹というお茶のですが、これがなかなかクオリティが高い。
暖かくいれた緑茶の2回目以降に残る独特の渋みが、結構リアルに再現されていると思います。

CMでも「急須でいれた緑茶にもっとも近いのはどれ?」という文句で舞妓さんに選ばれているシーンが有名です。
あれはあながち誇大表現ではないのかもしれないと思います。

ちょっと前まで、「濃い味」を飲んでいた私ですが、これは新しい緑茶の世界がまた一つ開かれたかもしれません。
大袈裟でしょうが、とにかく一度ご試飲頂きたい逸品です。

とはいえ、やはり緑茶は葉っぱから自分でいれた暖かいのが一番落ち着きますね。
知人にこんな事を話すと爺臭いと言われますが・・・。

個人的には、コアユーザー(?)の立場から「綾鷹ホット」を希望します。
来る冬。
暑い夏に飲む冷えたお茶もおつな物ですが、暖かくて美味しいお茶で、心身共に暖めて一息つきたいものですね。

◆テレビCMには批判も。
ですが、友達はあのテレビCMが大嫌いだと言っていました。
それは、エキストラを、さもお茶の巨匠であるかのように演出しているように見せているからだそうです。

間違いなく、簡単なアンケートで、美味しいという答えを導いて、ああいう結果を出しているだけであって、絶対に一堂に集まって、和気あいあいと「美味しいね」なんて語りあったわけではないのです。

ですが、あのCMには意図的に勘違いをおこすような演出がなされているので、それに気がつく人にとっては気持ちが悪いのだと思います。

何はともあれ、美味しければ問題ないのですが、最近はまた伊藤園のおーいお茶が美味しいなと思っています。
やっぱり定番の味が一番落ち着きますね。
サントリーのお茶は少し薄いなぁと思うことが多くなってきました。
[PR]
# by ncm7vvp3 | 2011-10-04 19:30 | 日記
ストレスとは外部から、さまざまな力を加えられた時に起こるものです。

ストレスと言うと全て身体に悪影響を及ぼすと考えがちなんですが、必ずしもそうとは限らないんです。

適度なストレスや快刺激と言うのは人間として生きていくためには必要で、それにより活力や集中力・意力などが湧き、注意力なども高められると言われてます。

緊張をまったく感じない生活では、何かに向かって努力したりというのは、難しいものです。

◆ストレスが加わるとどんな事が起こるの?
ストレスを貯めすぎない! 職場や人間関係や学校や家庭など、様々な環境からくる過度のストレスとは、視床下部から交感神経を通りアドレナリンが分泌されます。  

そのため交感神経の活動が活発になったり、副腎皮質ホルモンの分泌が促進され、ストレスに対する抵抗力を備え防御します。

そのためストレスが増えることにより、神経・内分泌系・免疫系などに多大な影響を及ぼし、身体の変調や免疫力の低下などなどにより、感染症にかかりやすくなってきたりするんですね。

◆次への活力にもなる
ストレスを感じた時というのは、例えば、
・人からバカにされた
・何かに失敗した
というような状況が多いのではないでしょうか?

そういった時に感じたストレスは自分の中でごまかすことなく、原因を見極めることだと思います。

人にバカにされたのなら、そいつらを見返してやるために、そのストレスを糧にして努力をしていけば良いのです。

失敗したことでたまったストレスなら、次に同じ失敗しないように対策を考えていけば良いと思います。

ですから、言ってみれば次へのエネルギー源にもなりうるものだと思います。

もし、そこでストレスを解消するだけだったり、逃げ出してしまえば、またいつかどこかで同じ経験をしてしまうことでしょう。

まずは、しっかりと自分と向い合って、何がストレスになっているのか?どうすれば良かったのかを考えていきましょう!
[PR]
# by ncm7vvp3 | 2011-09-25 21:58 | 日記

グアム旅行の最安値

グアムツアー4日間で6万円ジャストという掘り出し物を見つけてしまいました。
浮いたお金でショッピングを楽しめたり、食事にまわせるのでお得ですよね!
HISやJTBよりも確実に格安料金でグアム旅行を予約できるなんて、なんて良い時代になったのでしょうか。

さっきネットで見つけたんだけど、成田発グアム行きツアーの料金も4日間滞在で60600円と激安です!
もちろん燃油代込(サーチャージ)で、パシフィックベイに滞在して好きなだけショッピングを楽しめるプランなんだよ!

グアムプラザに滞在する4日間のツアーも6万円台中盤からありました。
こちらもかなり迷いますよ。
海で遊んだりビーチサイドでバーベキューしたり!
思い出に残るグアム旅行になりそうだね。

誰と行くのかって?
それは男友達に決まっているじゃないですか涙
なんてね。

実は家族旅行で行ってきます。

◆LCCデビューもしたい!
最近は、エアアジア、ピーチ、ジェットスター・ジャパンなどのローコストキャリアが伸びてきていますね。

この間も雑誌で特集されていて、これはいい!と思って、今後は情報を集めていくことにしました。

まずはメルマガの登録です。
これにキャンペーン情報が送られてくるみたいです。

この間送られてきた内容には、沖縄も1万円を切っていましたね。

本当はもっと格安な料金のキャンペーンを期待しているんですが、そのうち送られてきますでしょうか?

できるならば、東南アジアを初めとした海外にLCCで旅行に行きたいと思っています。
円高の今がチャンスですからね。

政府にはもっと規制緩和を進めてもらって、そういうところにも片道1万円以内で行けるように環境を整えてもらいたいですね。

観光庁は年間の旅行者1000万人の目標も達せられないみたいですが、その一つの原因は飛行機のチケット代が高いからではないかと思います。

高いお金を払ってまで見るコンテンツはそんなに多くはないですからね。
でも安かったら来て満足できるところは少なくないと思います。
[PR]
# by ncm7vvp3 | 2011-09-21 23:23 | 日記
今日の新聞にイチローの今年の安打数が載っていました。
残り19試合で40本弱のヒットを打たないといけないようです。

一試合2安打のペースをズット続けないといけないという厳しい状況です。
つまり打率5割ということですから、常識的にはもう不可能な数字になってきていて、後は奇跡を祈るのみです。
例えば、1試合4安打、5安打の固め打ちを最低1回、2~3回は欲しいところだと思います。

日本人というのは、こういう展開が実は好きなんですよね。
一見、不可能と思われる数字に奇跡を期待したがる傾向にあるんです。
逆に合理的でロジカルな考え方が苦手という面もあります。

サッカーの南アフリカワールドカップの時には、大会前のチームの状況はボロボロだったにも関わらず、大会では何かが起こる!
というような期待を持ちがちなんでよね。

それで実際、予選リーグを突破したりすると「やっぱり」なんて思ってしまうわけです。
それはそれで良いのですが、たまたまそうなる時もあります。

そういった奇跡頼みの考え方では、そのうち痛い目にあうのが普通です。
でも、イチローの200本安打には奇跡を期待していますよ。

◆2012年の電撃移籍
何と、メジャーに来てからマリナーズ一筋だったイチローが、電撃的にヤンキースに移籍することになりました。

今年に入っても打撃不振に悩んでいたので、チームの中では、相当に厳しい立場に追い込まれていたことも理由にあるようです。

ヤンキースに移籍したことで、引退後に色々な仕事をもらえるから。というような理由を言っている人もいますが、それは10%くらいあるかないかというところでしょう。

イチローは既に十分なお金を稼いでいますし、主な理由は環境を変えて、自分に活を入れること。これに尽きると思います。

年齢による衰えは仕方ないかもしれないですが、一時的なスランプなら、まだ復活できる可能性もあると思います。
[PR]
# by ncm7vvp3 | 2011-09-09 23:56 | 日記
今月の頭にワンピースの63巻が発売されていたのに、買うのをスッカリ忘れていました。
それで、ようやくと先ほど、買って、さっそく読んでみました。

そうそう。早くタブレットで電子書籍としてワンピが読めるようになったら嬉しいですよね。

今回はストーリーを12話くらい詰めてくれたらしく、読みきるのに1時間半くらいかかりました。長かったです。
しかも、魚人島編は、シリアスなテーマもり、文字が多いので、余計に時間がかかってしまったのかもしれませんね。

アマゾンで、この63巻の書評を見てみたのですが、この魚人島は、あまり好きではない人が多いみたいですね。
回想シーンが多くて、まったくストーリーが進んでいかないのを、もどかしく思っている人が多いみたいです。

確かに、生まれ変わった麦わらの一味の戦闘シーンを見たくてウズウズしているのに、かれこれ2巻は、小出しにされて引っ張られているので、みんなの我慢も限界に来ているようです。

でも、「つまらない!」とかコメントしている人もいるけど、ストーリー的にはつまらなくなりません。少しテンポが遅いので、早く次の展開は見てみたいとは思いますけどね。

あと、魚人島編で、少し納得がいかないのは、アーロンが初期に倒されすぎたというか、かなり弱いのではないか?と思ってしまうことですよね。
それで、今の魚人が、ものすごい強いとなると、少し設定に違和感です。
まあ、ジンベエはアーロンを簡単にボコボコにしていたし、新魚人海賊団はドラッグで力を強化しているので、つじつまは合うのですが、いかんせんアーロンの登場が序盤すぎたかなと思います。

それでも、ワンピースはやめられないので、作者の尾田先生には、ストーリーを劣化させることなく続けていってもらいたいです。

最近の絵はゴチャゴチャしすぎている!とかアンチが色々といっていますが、まだまだストーリーは面白いと思います。
[PR]
# by ncm7vvp3 | 2011-08-16 00:58 | 日記