読書やゲーム、仕事や恋愛などリアルな日記を目指して書いているブログ。


by ncm7vvp3

カテゴリ:仕事( 4 )

キャッシングを利用している方は、パソコン以上に携帯電話からの利用者が多いということをご存知ですか?

急にお金が必要になる時というのは外出中の場合が多いですので、みなさん家のパソコンというより外から使われている方が多いのです。

そしてご存知の通り、今では携帯電話からスマートフォンに乗り換えている方が増えてきています。

ということは、これからはスマホからの利用者が増えていくと予想されています。

消費者金融サイトも既にスマホから見やすいように最適化されたホームページを公開しているので非常に使いやすくなっています。

それではモバイルからのキャッシングには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

◆24時間いつでも
急にお金が必要になるタイミングというのは、家にいる時よりも外出時の方が多いと思います。

例えば、
・人との付き合いでお金が必要
・どうしても買わないといけないものがある
・交通費が足りない
など、色々な事情があると思います。

そんな時はスマートフォンからのキャッシングが便利です。

街中でも、喫茶店でも、駅にいても、どこからでもスマホから申し込みができるので、必要な時に自分がお金を借りられるかどうかをすぐに審査によって判断できるからです。

いちいち家に帰ってパソコンから申し込んでいたら、審査の時間が終わってしまい、お金を借りれるのは明日以降になってしまう可能性が高いです。

このあたりの理由に関しては携帯電話からの申し込みが便利だったことと、まったく同じですね。

今では携帯サイト用に最適化されたホームページに続き、スマホ用に最適化されたホームページも用意されているので、これまでは携帯電話でキャッシングしていたという方も、安心してスマートフォンに乗り換えることができます。

携帯の利用が不安だったり、パケ放題に加入していないから、家のパソコンやネットカフェのインターネットから消費者金融サイトにアクセスしていたという方も、わざわざ起動が遅いパソコンを使うのは面倒ですから、基本パケ放題プランになっている端末から利用してみましょう!

◆土日・祝日でもOK
お休みの日の外出時に、急遽、手持ちが足りなくなってしまうこともあるかと思います。

休日は平日と違って、金融機関を利用することはできませんが、キャッシングの場合は、土日・祝日でもお申し込みからお金を借りるところまでの手続きを完了させることができます。

方法としては、
・まずはモバイル端末からネットでお申し込み
・審査が完了して連絡が来るのを待つ
・お近くの消費者金融のATMに行き、現金を引き出す
という流れになっています。

平日でしたら(3)のところが自分の銀行口座に振込みまでしてもらえるのですが、休日は金融機関がお休みなので、直接ATMまで行く必要があるという点が異なります。

結構「休みの日は借りられない」と思ってしまっている方は多いですので、ぜひ上記の流れで活用してみてください。
[PR]
by ncm7vvp3 | 2012-08-17 09:54 | 仕事
日本人が世界で戦っていく為には語学力が最低限必要。

という事はよく分かっているのですが・・・。

何分、私の英語アレルギーが邪魔をして英会話を身に付けるまでに至っていません。

そもそも三十路の私にとって
英語は受験に必要な科目の一つにしか過ぎませんでした。
テストして、偏差値が出て、またテストして・・・
の繰り返しで、
学生時代勉強した事は高校・大学に合格するという事にしか
役立っていません。

息子の通う幼稚園でも週に一回、ネイティヴの英語の先生が来てレッスンがあります。

息子が社会に出て一人で生きていく力をつけるために
今のうちから英会話を身につけて欲しいとは思うのですが、
親の私が英語アレルギーでは話になりませんよね。

どうにかしてそれを克服しようと試行錯誤しているのですが、
なかなか英語は難しいです。

ただ、以前友人の経営するアイリッシュパブに行ったとき、
私は全く覚えていないのですが、
お客として来ていたイングランド人と
英語で会話して意気投合していたそうです。

お酒が入れば中学英語レベルでも会話になる・・・。

要は、度胸が無いだけなのかも知れませんね(笑)

◎英語教育とやら
小学校では行うようになったという英語。

幼児教育、幼稚園でも英語を~って人多いですよね。
各言う我が家も、英語には触れさせています。

まぁ、やらせているわけではなく、本人が勝手にやってくれてるんですごく助かってますが。

幸運というかなんというか、
自分のまわりには外国パパさんやママさんがいて、英語が普通に飛び交ってます。
自分?

えぇ・・・ぜんぜん話せませんが(爆)

でも、なんとなくですが話している内容とか、子どもに話している英語くらいは理解できるようになったし
挨拶くらいはできるようになりました。

あれだけ英語苦手意識満載で海外にもいったことないわたしが!!

なので、子どもには英語話せるようになれとは言いません。
英語って苦手~じゃなくって
日本語とおんなじように、言葉であって、コミュニケーションツールのひとつでしかないんだよ~
そんなに苦手っていうことじゃないんだよ~ってことを、今のうちから感じてほしいなぁと思ってね。

子どもにとっては英語って遊びの一貫でしかないんだなっていうのを
実際外国パパさんと話す息子をみて思いました。
[PR]
by ncm7vvp3 | 2012-07-07 18:45 | 仕事
東京都の丸の内にて電気自動車、ハブリッドカータクシー専用の乗り場が設置されたようです。

現在、東京内では電気自動車タクシー17台、ハイブリッドカータクシーは1032台ほどが走っているそうです。
今回丸の内に設置されたこの専用乗り場は、都内では始めてとなるということです。

電気自動車やハイブリッドカーは環境に優しい車ということで、毎日走るタクシーなどで使われているのはいいことですよね。
ですが現在は合わせても1050台ほどですので少ないですね。
これからはもっと増えていくと思いますが、急ピッチでお願いしたいですね。

また、ハイブリッドではなくて、いっそのこと全てをEVにしてみたらどうでしょうか。
EVは充電できる場所の普及が必要なので、タクシーなどの規模感を持って、一気に政策としてやった方が効率的だと思うのです。

しかもよく見るタクシーの形ではなく、軽自動車の形をしているタクシーが多いみたいで、普通の乗り場だとわかりづらいみたいですね。
とはいえ、こんなものは目立つようなマークを統一して決めれば良いだけです。
今だって提灯みたいなのが付いているからわかりやすいわけですからね。

丸の内に行かれる方は一度利用してみてはどうでしょうか?
EVの乗り心地は、一度試してみたいです。

◆日産が小型電動車の実証実験を開始
日産が小型電動車の実証実験を神奈川県横浜市で実際に走らせて行うそうです。
横浜市中区の山手、元町エリアにて行うそうで一般公募するそうです。

この小型電動車は
・長さが2・34m
・幅が1・19m
というかなり小型のサイズとなっています。

一回の充電で100キロの距離を走行でき、最高時速が80キロとなっています。
ご高齢の方の買い物やお出かけの時などでの利用を目的に作られているようです。

この電動車のサイズには驚きましたね、たったこれだけの大きさなのに100キロもの距離が走行できるんですね。

ご高齢の方などの移動手段として使われることに期待されているようですね。
2人乗り可能だそうで、ご高齢の夫婦が一緒に出かける事もできますし、買い物やお出かけなど多くの利用方法がありそうですね。

今回この小型電動車の実験として横浜市にて実際に乗ることができます。
一度乗ってみたいという方は応募してみましょう、応募方法は横浜市のホームページにて公開される予定です。
[PR]
by ncm7vvp3 | 2012-02-08 16:14 | 仕事
ドル安、ユーロ安の影響で、日本が円高になっていますね。
日本の経済的な状況、そして公的債務残高の対GDP比率の数字を考えると、とても円高は考えられない状況ですが、とにかくグローバル環境で考えると「マダまし」との理由で、このような状況になってしまっていますね。

長期的には、やはり円安に向かっていくという見方が一般的だと思いますので、変な為替投資のギャンブルは危険ですよ。

そして、円高の影響で自動車メーカーがコストの削減が急がれているようです。
輸出産業はもろに影響を受けるところですからね。
よく70円台でやっていけていると思います。

組織は腐っているところが多いですが、製造業のそういった力は顕在だと思います。

ですが、このまま続いてしまうと、様々な自動車メーカーが開発に専念できず、新たな技術の対応に疎かになる可能性も否めません。

事実EVを先伸ばしにして、ハイブリッドカーを出しているのは、そんなことの影響の一つかもしれません。
コストを削減しつつ、新たな技術を生み出す!なんて事もあるかもしれませんが難しいでしょうね。
新しいものにはなんでも期待したいですが、その元がとれなければダメですしね・・。

自動車メーカーの方もつらいでしょうが、コスト削減に努めてもらい新たな何かを生み出していただけたらと思いますね。

◎為替ブローカーとは?
最近、為替のお勉強をしています。
今は円高ですが、やっぱり今後は円安にむかっていくと思うのですよね。
日本の円が強いままのわけないし、今はホームレスマネーの行き先がなくて、消去法で来ているだけですし。
まだまだ素人なので、用語から勉強していますよ。

◆為替ブローカー
株式の投資には、株式市場と言うものがあり、そこで取引するのに対し、外国為替取引は、世界の銀行同士が、お互いに取引相手として行われます。

つまり、プロ同士で行われる相対取引の市場なんです。

銀行同士で相手を見つけて取引するので、取引相手を迅速に見つけて、
スムーズに取引するため、取引を仲介してくれる業者がいます。
それを為替ブローカーといいます。

◆債券
国、企業、機関が、複数の人から借りるときに出す、借用証書のこと。
小口に分けて発行することが可能で、受け取った人は、第三者に譲渡できる。

◆インターバンク市場
銀行などの金融機関だけが参加できる、資金到達や運用を行う市場のこと。
外国為替は、大半が、このインターバンク市場で取引される。

◆外債
外国債券のことで、海外の政府や企業、または国際機関が発行する債券。

ふぅ~
金融関係の言葉はやっぱ難しいわ。

でも、将来は外資系の金融機関に勤めて、リッチなサラリーマン生活を送りたいからね。
だって日本の大企業は運良く出世できても給料が安いけど、外資ならいきなり年収1千万超えられて、日本企業で30年働いても届かないところまで行けるんでしょ。

外資だから成績を出せないとすぐに首を切られるみたいだけどね。

アナリストにはなりたくないから、トレーダーやクオンツにはなりたいと思っています。
[PR]
by ncm7vvp3 | 2012-01-26 09:16 | 仕事