読書やゲーム、仕事や恋愛などリアルな日記を目指して書いているブログ。


by ncm7vvp3

これからの日本の武器は「おもてなし」の心

ついにネット通販にもか・・ヤマダ電機がネット通販でも他店サイトより高い場合は安くするとのことです。

実際はサイトはヤマダ指定のサイトだったり、差額分はポイント還元等になるようですが、どこまでも安さにこだわるようです。

ヤマダ電機といえば、最近はTVでの家電芸人の活躍などで、実際の値引きの仕方などがTVに流れるといったように安さが全面的にでているように思います。
業界でもそのシェアは圧倒的で2位の2倍以上の売上だそうです。

今年に入ってからは中国にも進出したそうで、日本一から世界一を目指しているかのようです。
日本で世界に通用しているものは車などの製造業が目立っており、ヤマダ電機のような小売業、サービス業はなかなか浸透しなかったように思います。

ただ日本の「おもてなし」の心意気で、きめ細やかな心配りやサービスというものはきっと世界でも受け入れられ、評価されるものと思います。

ホテル業なんかも、もっと世界に評価されても良いと思います。

日本というとどうしてもゲームなどのハード面での評価が世界的には高いですが、これからは高品質のサービス面でももっと評価されればなと思います。 

だから、下記のような相変わらずの家電メーカーの一本槍戦略を見ると、本当にコイツラ何もわかってねぇな。と感じてしまいます。

◎富士通の13年販売目標台数は1000万台!

富士通が2013年の世界パソコン販売台数目標を1000万台と発表しました。
海外分が700万台、国内分が300万台となっているようです。

大きな目標ですねー。
ですが、本当にできるのでしょうかね。エイサーやアスースなどのメーカーの強さが際立ってきていますし、デルやヒューレットパッカードなどのグローバルメーカーがひしめいている業界ですよ。

来年にはWindows8の発売も控えていますし、多くの方がパソコンの買い直しなどを来年、再来年に行うんじゃないでしょうか。
まぁ、その影響も考えてこの台数なんでしょうね。

2013年にはパソコンの性能も上がっているでしょうし、日本製が好きな方は購入を検討したいですね。
メーカー製のパソコンはサポートがしっかりしていますし、購入されている人も多いでしょう。
私のパソコンも海外のものですが、一応メーカー製です。

そういえば、自作でパソコンを作られたりしてる方も多いでしょうね、私も時間があれば作ってみたいですねー。
作るのはとても難しそうですが、楽しそうですよね。

自分で作れるとなると、もはやメーカー製のPCは買わなくなりそうです。
アップグレードも自分でやっちゃうと思います。
ただ、全体的に値下ってきていますので、自作と既製品の購入に価格的な違いがなくなってきているという情報を聞いたことがあります。

もはや実益なしの趣味の世界になっているのかもしれません。
[PR]
by ncm7vvp3 | 2012-03-21 14:43 | エンジョイ